叡智をひもとき、現代に活きる智慧を探求する。思想・歴史コース

コンセプト

思想・歴史コース イメージ

仏教思想の学びを軸に、他者との関係性を読み解く

思想・歴史コースは、仏教の思想そのものや歴史的背景の理解を目的に、ていねいに文献・史料を読み解く手法を身につけることをめざします。

伝統的な仏教学の柱であるアビダルマ・中観・唯識・天台・華厳の諸思想や、日本人の思惟方法に大きな影響を与えた法華経の思想・教理などを系統的に学ぶとともに、インド・シルクロード・チベット・中国・東南アジア・朝鮮半島・日本にいたる仏教の歴史的展開と変容を探求します。

地域、時代、習俗、制度、価値観等、比較研究のパースペクティブを養うことで、世界の異なる思想・宗教・文化・神話・歴史を広汎な見地からひもとき、ものごとの本質を理解する力を育みます。

カリキュラム

4年間のステップアップを通じて、仏教という大きな思想体系をもとに文献・史料を渉猟し、アジア各国、他地域の歴史や他の宗教・思想との比較、さらには現代社会との関わりを学びます。

カリキュラム

  • POINT 1あらゆる好奇心が学問領域となる

    人間の営みや文化・思想の研究にタブーはありません。文献・史料(非文字型でも)をもとに学的手法にのっとれば、どのような分野のテーマ、素材であっても研究可能です。

  • POINT 2仏教を学びながら語学力にも磨きをかける

    古典文献・史料の解読に必要なサンスクリット語やパーリ語・チベット語・漢文など、特殊言語が基礎から学べます。

講義を視聴

思想・歴史コースのここが魅力

思想・歴史コース イメージ

「間口の広い学びを通じて、物事の本質を見抜く力を育む」

仏教の教えの中には、誰もがぶつかる日常的な疑問や悩みを解決するための手がかりがあります。間口の広い学びを通じて、多面的な考え方と自分を客観視する視点を身につけ、仏教は特定の人々のものではなく、現代を生きる私たちにも必要なものであることを実感することができました。
少人数のクラスでの授業なので、先生との距離も自然に近くなります。学びだけではなく、生活面での悩みも打ち明けられる関係性は、仏教学部ならではではないかと感じています。

仏教学科 思想・歴史コース 在学生

免許・資格取得の3つの支援プログラム

教員、公務員、ビジネススキルをつけるなど、さまざまななチャンスがあります。

① 4年間のカリキュラムで免許資格取得課程を履修する

  • 中学校教諭 1種 社会
  • 中学校教諭 1種 宗教
  • 高等学校教諭1種 地理歴史
  • 高等学校教諭1種 公民
  • 高等学校教諭1種 宗教
  • 学校図書館司書教諭
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員(任用資格)
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 社会教育主事(任用資格)
  • ※免許・資格取得課程の必要単位を満たすことで取得することができます。
  • ※教諭1種を5教科取得できるのは、立正大学内でも仏教学部仏教学科だけです。
  • ※任用資格…主に官公庁などで特定の職務に任用されるために必要な資格です

② 仏教学部主催の資格取得講座を活用する

  • 日蓮宗僧侶資格(対応講座:僧階講座)
  • ※僧階講座の科目を修得すると、日蓮宗信行道場修了後に所定の僧階に任ぜられます。

③ 立正大学キャリアサポートセンター主催の受験講座を積極的に活用する

  • 公務員試験対策講座
  • 教員試験対策講座
  • TOEIC®講座
  • 簿記講座
  • パソコン検定講座
  • 秘書検定講座
  • ※立正大学キャリアサポートセンターでは、通常の授業以外にも就職に活かせる実践的な資格取得講座を開催し、資格取得を積極的にサポートしています。

キャリアサポートセンター
(立正大学ホームページへ)