時空を超えた文化のダイナミズムを学ぶ。文化・芸術コース

コンセプト

文化・芸術コース イメージ

“文化”を輪切りにすると、人間が見えてくる

文化・芸術コースは、人間の営為としての“文化”を本質的に理解することを目的に、歴史・芸術・思想・宗教などを考察する方法を身につけることをめざします。

文化とは多様なものであり、国家や地域社会を動かす政治・経済から、私たちの日常生活や年中行事にいたるまで、それらはすべて人間の思考・感性によって営まれた広義の“文化”なのです。世界的な宗教思潮としての仏教の精神を知り、それを基軸に、自文化・異文化のとらえ方、人としてのあり方を学んでいきます。

またこのコースでは、仏像・仏画を制作する「実習」など、自らの感触をとおして文化を追体験する取組みも行っています(選択制)。「感性」的経験と、「知」の蓄積とを連動させた“文化”へのアプローチは、自分を見つめ直す機会となり、いまを生きるチカラとなるでしょう。

カリキュラム

仏教の影響下で生み出された文化、あるいは異なる世界観のもと育まれた文化を、多元的アプローチで学んでいく、実践型・ステップアップ型のカリキュラムが特長です。

カリキュラム

  • POINT 1多彩な科目群で“異文化理解”の可能性に迫る

    比較文化・比較宗教・文化財保存学・文化史ほか、多様な切り口の科目群が設けられています。

  • POINT 2文化の「意味」を「造る喜び」とともに体験

    仏教文化を肌で感じてもらえるよう、仏画や仏像制作など実習型授業を取り入れています。

講義を視聴

文化・芸術コースのここが魅力

文化・芸術コース イメージ

「“文化”への多角的なアプローチを通じて、“人間”を理解する」

高校時代から歴史に興味がありました。
このコースを選択したのは、仏画や仏像を通して歴史や当時の文化に触れるというアプローチを新鮮に感じたから。
4年次には仏画・仏像を実際に制作する卒業制作と卒業論文のどちらかを選択できます。私は、京都の伏見稲荷をテーマにした卒業論文に取り組むことにしました。
自分の顔を撮影して、それを基に仏頭を作ったり、仲間たちと国立 博物館で仏像を見学したり、仏教学部でなければ味わえなかったユニークな体験が、視野や発想を広げてくれたように感じています。

仏教学科 文化・芸術コース 在学生

免許・資格取得の3つの支援プログラム

教員、公務員、ビジネススキルをつけるなど、さまざまななチャンスがあります。

① 4年間のカリキュラムで免許資格取得課程を履修する

  • 中学校教諭 1種 社会
  • 中学校教諭 1種 宗教
  • 高等学校教諭1種 地理歴史
  • 高等学校教諭1種 公民
  • 高等学校教諭1種 宗教
  • 学校図書館司書教諭
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員(任用資格)
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 社会教育主事(任用資格)
  • ※免許・資格取得課程の必要単位を満たすことで取得することができます。
  • ※教諭1種を5教科取得できるのは、立正大学内でも仏教学部仏教学科だけです。
  • ※任用資格…主に官公庁などで特定の職務に任用されるために必要な資格です

② 仏教学部主催の資格取得講座を活用する

  • 日蓮宗僧侶資格(対応講座:僧階講座)
  • ※僧階講座の科目を修得すると、日蓮宗信行道場修了後に所定の僧階に任ぜられます。

③ 立正大学キャリアサポートセンター主催の受験講座を積極的に活用する

  • 公務員試験対策講座
  • 教員試験対策講座
  • TOEIC®講座
  • 簿記講座
  • パソコン検定講座
  • 秘書検定講座
  • ※立正大学キャリアサポートセンターでは、通常の授業以外にも就職に活かせる実践的な資格取得講座を開催し、資格取得を積極的にサポートしています。

キャリアサポートセンター
(立正大学ホームページへ)