教員紹介

仏教学科

髙橋 堯英 教授

髙橋 堯英たかはし たかひで 教授

専攻 アジア文化史(南アジア)・インド仏教史
主要担当科目 仏教入門、仏教と人間
研究テーマ

法華経成立の社会背景に関心があり、法華経が生まれ育まれたであろう紀元前後頃の西北インド・北インドの仏教とインドの諸宗教について考古資料をもとに実証的にその姿を浮き彫りにしようと試みております。
そこで、北インドのマトゥラーという都市、西北インドのタキシラという都市を中心に、どんな宗教があったのか?仏教寺院の様子はどうであったのか?調べています。

教員情報

秋田 貴廣 教授

秋田 貴廣あきた たかひろ 教授

専攻 文化財保存学(彫刻)
主要担当科目 文化財論1・2、芸術実習基礎
研究テーマ

仏像彫刻を主な対象として実際に修復活動を行いながら、現在の「文化財修復」の抱える問題点についての確認作業を行っています。そのために「修復」を取り巻く様々な状況や、社会的事業としての可能性等について考察し、いずれは現在の “文化財 ”の考え方を十分に咀嚼した「修復論」を構築することをめざしています。

教員情報

則武 海源 教授

則武 海源のりたけ かいげん 教授

専攻 仏教交渉史・アジア歴史地理
主要担当科目 仏教学概論1・2、世界の宗教地理1・2
研究テーマ

仏教交渉史は、インドからシルクロードと呼ばれる中央アジア、チベットなどを経由し中国、日本まで伝播した仏教を、歴史的考証はもとより、民族性や文化交流の領域からも検証する学問です。ベースとなる諸文献の考察と、フィールドワークによる実地調査の統合研究により新たな発見が生まれています。

教員情報

手島 一真 教授

手島 一真てじま いっしん 教授

専攻 アジア文化史(東アジア)・中国仏教文化史・中国政教史
主要担当科目 東洋文化史1・2、中国仏教史1・2
研究テーマ

中国は 19 世紀にいたるまで、永く東アジア世界の中心であり、日本を含む周辺諸文化に影響を与え続けた最先進の文明国でした。君臨する皇帝の権威、政治の柱となった儒教、永遠の生命を願う道教、インドから伝わった仏教、それらが相互に関係して現れた歴史と文化について、隋唐時代を中心に研究しています。

教員情報

戸田 裕久 教授

戸田 裕久とだ ひろひさ 教授

専攻 インド哲学・語学
主要担当科目 サンスクリット語初級Ⅰ・Ⅱ、宗教の史的展開
研究テーマ

1)インド思想史。特に中世ヒンドゥー教哲学と仏教との相互関係を探究。

2)比較宗教学。特に諸宗教にみられる神秘主義的実践(行)の比較研究。

3)インド古典語学・文学。サンスクリット語の文法を体系的に詳説するとともに、あらゆる型式の語形変化を網羅し辞典的機能を具えた文法書を、現在作成中。

教員情報

岡田 愛 准教授

岡田 愛おかだ あい 准教授

専攻 教育行政学
主要担当科目 教育実践の研究、教職実践演習
研究テーマ

子どもの成長を支える学校教育制度の果たす役割について研究しています。
さまざまな問題を抱える現代日本の教育制度を理解するためには、日本だけでなく諸外国の教育制度の成立の歴史や教育理念を知ることも有効です。

教員情報

庄司 史生 准教授

庄司 史生しょうじ ふみお 准教授

専攻 仏教思想史・経典形成史
主要担当科目 仏教学演習基礎1・2、法華思想史1・2
研究テーマ

インドで成立した仏教文献(特に般若経)の形成と受容に関する研究を続けています。世界史の中にはまだまだ未解明な部分がたくさんあることから、サンスクリット語やチベット語で記された古典文献の読解を通して、これまで知られていない何かを明らかにしていきたいと考えています。

教員情報

久保 真紀子 専任講師

久保 真紀子くぼ  まきこ    専任講師

専攻 仏教美術史・アジア文化史(東南アジア)
主要担当科目 アジア美術史1・2、アジア文化史1・2
研究テーマ

東南アジアの寺院建築や美術について研究しています。東南アジア各地で仏教説話やヒンドゥー教の神話叙事詩を主題とする様々な彫刻がみられますが、その表現をじっくりと観察し、丁寧に調べてゆくことで、寺院を建造した権力者たちの宗教観や統治理念に思いを馳せることができます。

教員情報

中井 本勝 特任講師

中井 本勝なかい ほんしょう 特任講師

専攻 中国仏教思想・東アジア仏教史
主要担当科目 仏教史特講2・3
研究テーマ

中国仏教の思想、特に隋末から唐初にかけて活躍した三論宗の嘉祥大師吉蔵(549-623)の教学について研究をしています。また、インドから伝えられた「空」の思想が、まったく異なる思想文化が築かれていた中国において、どのように理解されたのかということに着目し、インド仏教から中国仏教に至るまでの「空」の思想の変遷についても調べています。

宗学科

寺尾 英智 教授

寺尾 英智てらお えいち 教授

専攻 日蓮教団史
主要担当科目 宗史概論1・2
研究テーマ

日本仏教の展開を、日蓮聖人と法華経信仰をキーワードにして研究を進めています。寺院は歴史資料の宝庫です。お堂やお蔵、境内を巡りながら様々なモノを直接手にとり、人々の歩んできた道筋を跡づけていきます。

教員情報

原 愼定 教授

原 愼定はら しんじょう 教授

専攻 日蓮教学
主要担当科目 法華経概論1・2、観心本尊抄講義1・2
研究テーマ

罪と救いをテーマとして、日蓮聖人の法華経信仰の世界を探究しています。
法華経には、あらゆる生命の尊厳性を前提としながら、一人ひとりが自己の役割に目ざめ、社会の中で前向きに生き抜くための叡智が説かれています。日蓮聖人の生き方を通して、信仰をもって生きることの苦渋と法悦について学ぶことを目標としています。

教員情報

三輪 是法 教授

三輪 是法みわ ぜほう 教授

専攻 日蓮教学
主要担当科目 天台学概論1・2、開目抄講義1・2
研究テーマ

日蓮聖人の仏教を中心とした日本仏教思想の研究と、近代日本における日蓮信仰について研究を進めています。なぜ日蓮聖人は多くの人に力を与えるのか、南無妙法蓮華経がなぜ世界に広がり続けているのか。哲学や心理学などを含めた複合的視点で探求していきます。

教員情報

安中 尚史 教授

安中 尚史あんなか なおふみ 教授

専攻 日蓮教団史・日本仏教史
主要担当科目 日本仏教史概論、現代宗教研究
研究テーマ

日本における仏教の展開を中心に研究しています。特に近代という時代に焦点をあてて、政府の宗教政策への対応や、神道・キリスト教といった他宗教との関連、東アジアや北米地域への進出など、様々な側面から当時の日本仏教の動向について紐解きます。

教員情報

田村 亘禰 准教授

田村 亘禰たむら かんじ 准教授

専攻 日蓮教学・法華教学史
主要担当科目 仏教と人間、社会と宗教2
研究テーマ

法華教学史・日蓮宗教学史を主に研究しています。日蓮聖人を軸にして、それ以前の仏教思想史(なかでも法華経を中心とした思想史)と、それ以後の日蓮教団の思想史の展開をさぐっています。

教員情報

丹治 恭子 准教授

丹治 恭子たんじ きょうこ 准教授

専攻 教育社会学
主要担当科目 学修の基礎Ⅰ・Ⅱ、教育社会学
研究テーマ

乳幼児期を中心とし、子育てと社会との関わりについて研究しています。自分の「生」に関わることすべてを他者に委ねるところから、私たちの人生はスタートしています。子育てという営みを手がかりに、生きることに他者が深く関わる「人間」という存在について考えています。

教員情報

武田 悟一 特任准教授

武田 悟一たけだ ごいち 特任准教授

専攻 日蓮宗教学史
主要担当科目 宗学概論1・2、仏教デス・エデュケーション
研究テーマ

日蓮聖人の思想と行動との両面を、聖人滅後の先師たちはどのように教えを継承し、また教団を展開していったのかを探究する「教学史」を研究しています。ことに幕末から明治にかけて、京都を中心に展開している本門佛立宗の開導、長松日扇(1817-1890)に主眼をおいて、日扇の信仰的思想をはじめ、日扇における信徒への教化活動等について問いつづけています。

教員情報

本間 俊文 専任講師

本間 俊文ほんま しゅんぶん 専任講師

専攻 日蓮教団史
主要担当科目 日蓮聖人伝1・2、日本文化史概論
研究テーマ

中世における日蓮教団の歴史的展開について研究しています。とりわけ日蓮聖人本弟子の一人、白蓮阿闍梨日興(1246-1333)とその門弟にスポットをあて、日蓮聖人滅後の弟子達が宗祖の教えと行動をいかに受け止め、実践・継承しつつ教団を発展させたのか、その過程を追いかけています。

教員情報

神田 大輝 助教

神田 大輝かんだ だいき 助教

専攻 日蓮宗教学史
主要担当科目 史料演習1・2・3・4
研究テーマ

日蓮聖人滅後における教学思想の展開について研究しています。特に戦国時代の京都を拠点として活躍した広蔵院日辰(1508-1576)という学僧に注目し、学問上の交友関係、当時の歴史的事件や思想的流行等の諸要素から、その教学思想に意図された問題意識を紐解き、思想と歴史の両面における全体的な解明を目指しています。

教員情報

名誉教授

  • 庵谷 行亨
  • 伊藤 瑞叡
  • 冠 賢一
  • 北川 前肇
  • 小松 邦彰
  • 坂輪 宣敬
  • 佐々木 孝憲
  • 仲澤 浩祐
  • 松村 壽巖
  • 三友 健容
  • 渡邊 寶陽(特別栄誉教授)

(五十音順)