混迷する現代に自分を見失わないよりどころを探る。法華仏教コース

コンセプト

法華仏教コース イメージ

混迷する現代で自分を見失わないための“拠りどころ”を手に入れる

国の内外に騒乱の火種を抱えていた鎌倉時代、数々の試練を物ともせず人々の救済に生涯を捧げた日蓮聖人(1222-1282)。その生き方は、現代を生きる私たちにもさまざまな示唆を与えてくれます。

法華仏教コースでは、日蓮聖人の思想や行動、その礎となった法華経の教え、日蓮教団の歴史的展開に関する学修を通じて、高尚なる精神性を学び、自らが実践しながら教えを受け継ぐことができる次世代の担い手育成をめざします。

カリキュラム

1・2年次で法華仏教・日本仏教の基礎を学び、3年次から専門のゼミナールに所属。多彩な専門科目を選択しながら自分のテーマを追究できる柔軟なカリキュラムです。

カリキュラム

  • POINT 1法華仏教の本質を段階的に学べるカリキュラムを用意

    法華経の教えや日蓮聖人の思想・行動を段階的に学修し、法華仏教の本質へと迫ります。

  • POINT 2古文・漢文の基礎を徹底

    経典や古文書の原典の講読に向けて、古文・漢文の基礎を徹底します。

講義を視聴

法華仏教コースのここが魅力

法華仏教コース イメージ

「同じ未来を描く仲間とのコミュニケーションが築ける」

日蓮宗のお寺の長男に生まれ、現在僧侶を務める父も曽祖父も立正大学仏教学部で学びました。法華仏教コースには、私と同じようにお寺の関係者も数多く学んでいます。同じ未来を描いている仲間とのつながりは、卒業後も途切れることはないと思います。生涯のネットワークが築けることもこのコースの魅力ですね。
僧侶を目指すには、通常の科目のほかに「僧階講座」の単位も修得しなくてはなりません。忙しい毎日ですが、留学や海外研修など、今しか体験できないことにも積極的に挑戦していきたいと考えています。

宗学科 法華仏教コース 在学生

免許・資格取得の3つの支援プログラム

教育者、公務員、ビジネススキルをつけるなど、さまざまななチャンスがあります。

① 4年間のカリキュラムで免許資格取得課程を履修する

  • 中学校教諭 1種 社会
  • 中学校教諭 1種 宗教
  • 高等学校教諭1種 公民
  • 高等学校教諭1種 宗教
  • 学校図書館司書教諭
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員(任用資格)
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 社会教育主事(任用資格)
  • ※免許・資格取得課程の必要単位を満たすことで取得することができます。
  • ※任用資格…主に官公庁などで特定の職務に任用されるために必要な資格です

② 仏教学部主催の資格取得講座を活用する

  • 日蓮宗僧侶資格(対応講座:僧階講座)
  • ※僧階講座の科目を修得すると、日蓮宗信行道場修了後に所定の僧階に任ぜられます。

③ 立正大学キャリアサポートセンター主催の受験講座を積極的に活用する

  • 公務員試験対策講座
  • 教員試験対策講座
  • TOEIC®講座
  • 簿記講座
  • パソコン検定講座
  • 秘書検定講座
  • ※立正大学キャリアサポートセンターでは、通常の授業以外にも就職に活かせる実践的な資格取得講座を開催し、資格取得を積極的にサポートしています。

キャリアサポートセンター
(立正大学ホームページへ)