仏教の歩みをつぶさに研究し、日本仏教の新たな歴史をつむぐ。日本仏教コース

コンセプト

日本仏教コース イメージ

1500年の歩みをつぶさに探究し、日本仏教の新たな歴史をつむぐ

約2500年前、釈迦により説かれた仏教は、西域の国々を経て6世紀半ばに日本に伝わり、社会・政治的な背景に影響を受けつつ、独自性を備えた「日本仏教」として確立されました。

日本仏教コースでは、私たち日本人の精神に深く根ざしている日本仏教全般の思想・歴史、文化の様相を学びます。また、その見地より現代社会が抱える諸問題にアプローチし、社会に貢献することのできる有為なる人材の育成をめざします。

カリキュラム

インドでの発祥から日本への伝来・発展にいたるまで、国内外で関心が高まる「仏教」を段階的・総合的に学べるカリキュラムを用意しています。また、一部科目は日蓮宗の資格「僧階講座」にも対応しています。

カリキュラム

  • POINT 1「日本仏教」を体系的に捉える

    仏教諸宗派の思想や歴史を体系的に学修し、幅広い視野から日本仏教のあり方を見つめます。

  • POINT 2仏教の叡智を「今」に生かす

    多彩な専門科目の学修を通じて伝統的な思想・文化・慣習を再評価し、仏教の叡智を現代に生かす応用力を身につけます。

講義を視聴

日本仏教コースのここが魅力

日本仏教コース イメージ

「日本人の思考や行動を方向づける根源を知る」

遺跡や文化財を実際に目にすると、文献や授業で得ていた知識が鮮やかに自分の中に定着するような気がします。海外研修でインドを訪れたときにも、風景の中に生活に根ざした仏教の在り様がはっきり感じ取れました。
1、2 年次の幅広い学びを経て、興味をそそられるテーマに出あうことができました。3 年次からは、法華経を弘めるための日蓮聖人の歩みをゼミナールで学ぶつもりです。同時に、オープンキャンパスの運営やサークル活動など、キャンパスライフも楽しみたいですね。

宗学科 日本仏教コース 在学生

免許・資格取得の3つの支援プログラム

教育者、公務員、ビジネススキルをつけるなど、さまざまななチャンスがあります。

① 4年間のカリキュラムで免許資格取得課程を履修する

  • 中学校教諭 1種 社会
  • 中学校教諭 1種 宗教
  • 高等学校教諭1種 公民
  • 高等学校教諭1種 宗教
  • 学校図書館司書教諭
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員(任用資格)
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 社会教育主事(任用資格)
  • ※免許・資格取得課程の必要単位を満たすことで取得することができます。
  • ※任用資格…主に官公庁などで特定の職務に任用されるために必要な資格です

② 仏教学部主催の資格取得講座を活用する

  • 日蓮宗僧侶資格(対応講座:僧階講座)
  • ※僧階講座の科目を修得すると、日蓮宗信行道場修了後に所定の僧階に任ぜられます。

③ 立正大学キャリアサポートセンター主催の受験講座を積極的に活用する

  • 公務員試験対策講座
  • 教員試験対策講座
  • TOEIC®講座
  • 簿記講座
  • パソコン検定講座
  • 秘書検定講座
  • ※立正大学キャリアサポートセンターでは、通常の授業以外にも就職に活かせる実践的な資格取得講座を開催し、資格取得を積極的にサポートしています。

キャリアサポートセンター
(立正大学ホームページへ)