日本仏教コース

1500年の歩みをつぶさに探究し、
日本仏教の新たな歴史をつむぐ

コンセプト

約2500年前、釈迦により説かれた仏教は、西域の国々を経て6世紀半ばに日本に伝わり、社会・政治的な背景に影響を受けつつ、独自性を備えた「日本仏教」として確立されました。

日本仏教コースでは、日本仏教全般の歴史や美術、文化の様相を学ぶ一方で、福祉・医療・生命倫理などの現代社会が抱える諸問題にアプローチし、社会に貢献することのできる有為なる人材育成を目指します。

カリキュラム

インドでの発祥から日本への伝来・発展にいたるまで、国内外で関心が高まる「仏教」を段階的・総合的に学べるカリキュラムを用意しています。また、一部科目は日蓮宗の資格「僧階講座」にも対応しています。




ポイント1 「日本仏教」を体系的に捉える
仏教各宗派の教義や歴史を体系的に学修し、幅広い視野から日本仏教のあり方を見つめます。

ポイント2 仏教の叡智を「今」に生かす
多彩な専門科目の学修を通じて伝統的な思想・文化・慣習を再評価し、仏教の叡智を現代に生かす応用力を身につけます。

この講義をチェック
この講義をチェック
安中 尚史 教授「日本仏教史」
紀元前6世紀頃にインドで興った仏教は、西域をへて中国に拡大し、その後朝鮮を経由して、6世紀に日本に到来しました。以来、仏教は日本人の思想や行動、文化に多大な影響を及ぼすこととなりました。この授業では、日本に仏教が伝来し、定着を果たしてきた過程について考察していきます。

この講義をチェック
原 愼定 教授「法華経概論」
仏教経典の王として知られる『法華経』とはいかなる教えなのでしょうか。この授業では、日蓮聖人の教えの独自性をたずねると同時に、日本文化史、法華文化史の視点からもアプローチしていきます。