文化・芸術コース

文化を輪切りにすると人間が見えてくる

コンセプト

文化・芸術コースは、人間の営為としての“文化”を本質的に理解することを目的に、歴史・芸術・思想・宗教など文化研究の方法を身につけることをめざします。

一言で“文化”といっても、イメージしにくいかもしれません。しかし、国家や地域社会を動かす政治・経済から、私たちの日常にある生活、そして非日常の存在である祭りや年中行事にいたるまで、それらはすべて人間の思考・感性によって営まれているのであり、広義の“文化”なのです。世界にまたがる宗教思潮としての仏教の精神を知り、それを基軸に、自文化・異文化のとらえ方、人としてのあり方を学んでいきます。

またこのコースでは、仏像・仏画を制作する「実習」など、自らの感触をとおして文化を追体験する取組みも行っています(選択制)。「感性」的経験と、「知」の蓄積とを連動させた“文化”へのアプローチは、自分を見つめ直す機会となり、いまを生きるチカラとなるでしょう。

カリキュラム

仏教の影響下で生み出された文化、あるいは異なる世界観のもと育まれた文化を、多元的アプローチで学んでいく、実践型・ステップアップ型のカリキュラムが特長です。



ポイント1 多彩な科目群で“異文化理解”の可能性に迫る
比較文化・比較宗教・文化財保存学・文化史ほか、多様な切り口の科目群をセットアップ。

ポイント2 文化の“ 意味” を「造る」喜びとともに体験
仏教文化を肌で感じてもらえるよう、仏画や仏像制作など実習型授業を取り入れています。

※思想・歴史コースの科目もほぼすべて選択可能な、相互乗り入れを実現しています。

この講義をチェック
この講義をチェック

安田 治樹 教授 「日本美術史」

美術作品への関心は、人間への興味を深めることです
日本の造形美術は、古くから大陸や半島の影響を受けつつ、独自の感性に支えられて発達し、ことに仏教文化とその美術は、古代以降多様な展開を遂げて、それぞれの分野に最高度の芸術性を達成しました。この講義では仏教美術を軸に、先史時代から近世の江戸時代にわたり、これら日本美術の変遷をひろく概観します。

この講義をチェック

秋田 貴廣 教授 「芸術実習基礎」

「古代の美」をカラダで学んでみよう

神社や仏閣にある、カミやホトケの像の意味を考えたことがありますか? 人々が心から救いを求めたとき、思い浮かべる姿、存在は、身近に見ることのできた尊像であったはずです。では、その像を造り上げた人たちの心は、尊像にどのように投影しているでしょうか。「美の様式」表現を自ら体験し、つかんでいきます。

この講義をチェック

則武 海源 教授 「比較宗教文化論」

世界の宗教を学ぶことは、世界を知ることです

宗教は地球上の全地域に存在し、人々の生活に密接に関係しながら発展をとげてきました。それはまた融合と断絶の中、時には戦争を引き起こし、時には土着のものと同化しながらで発展し、特異な展開を示したものが多数みられます。現在の国際社会情勢の中にあって、その国・地域・人々を理解する上で、宗教は重要なウエイトを占めているといえます。この講義では、世界の宗教を概観しながら、仏教の諸展開に与えた影響についても考えることを目標としています。